×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 高森顕徹 著作まとめ


高森顕徹著 光に向かって100の花束なぜ生きる

目次

一部 なぜ生きる
    ――苦しくとも 生きねばならぬ 理由は何か――

(1) 幸せはいとも簡単に崩れ去る
    ・どんな行動にも目的があります。人生にも……
    ・毎日が、決まった行動のくり返しと気づく
    ・なぜ生きるかがわかれば、ひとは苦悩すら探し求める
    ・生きることイコール良いこと。これが大原則
    ・つらい思いをして病魔と闘うのは、幸福になるため

(2) 人命は地球より重い。なぜそういわれる?
    ・「どうせワタシなんか」
       自分に価値がないと感じている女子高生が、大勢いる
    ・どうして人を殺してはいけないのか
    ・自殺が増えるのは、命の重さがわからないから
    ・人生の目的に渇き切った心は、泥水でもすする

(3)「辛抱して生きつづけること」
      それが人生の目的なのか?
    ・「なぜ生きるか」の問いに、「生きるために生きる」は意味不明
    ・「生きてよかった」と大満足する「人生の目的」を

(4)「なんと生きるとは素晴らしいことか!」
   人生の目的を達成すれば、現在の一瞬一瞬が、
   かの星々よりも光彩を放つ
    ・苦しみの新しい間を楽しみといい、楽しみの古くなったのを苦しみという
    ・絵を楽しんで描いていたピカソは、筆を置くと不機嫌になった
    ・「好きな道を歩いていれば目的地はいらない。
       歩みそのものが楽しいのだから」と言う人の、見落としているもの

(5) 生きる意味を知って働け。
     さすれば、苦労も悲しみも報われる
    ・「仕事」が「人生の目的」なの? 侘しくありませんか?
    ・「考えてみるとだね、一生働きつづけてこの家の支払いをすませ、
          やっと自分のものになると、誰も住む者はいないんだな」
    ・働けど働けど、決して報われない……
    ・?男なんていなくてもいい!?そんな世の中になるかも
    ・最後の救いを 少女に求める中年男性もいる
    ・無益な生涯だったと気づいたり、罪の山積に驚くのは、
                   人生でもっとも悲惨な瞬間だ

(6) 幸福の歓喜のただ中に、思わぬ落とし穴が
    ・最愛の妻の命が終われば、すべてが終わってしまう……
    ・「どうしてボクは苦しむのか」「お前が幸福だったからさ……」
    ・もう二度と来ない幸せを経験すると、その後の人生がずーっとつらい
    ・もう、残酷な裏切りに傷つけられたくはない

(7) 幸せなのは夢を追う過程
       達成すると色あせる「目標」
    ・「来てみれば さほどでもなし 富士の山」目標とはそんなもの――
    ・勝ちつづけたが求まらない。求めることの「くり返し」だった
                    ――チャンピオンの幻滅の深い傷
    ・もっと金を稼げばよかったと、死の床で後悔した者がいるだろうか
    ・「人生の目的」は「色あせること」も「薄れること」もないもの

(8) 人類の、びくともしない巨大な壁
    ・死は、突然やって来る。
       なのに、なぜあくせく生きるのだろうか
    ・「生きることに意味(何のため)もクソもないし、
             生きなきゃいけない理由なんてない」
                それを聞いた青年や女子大生は自殺した
    ・「でもね、あなたはやがて死ぬんだよ……」と魂がささやく
    ・闇の中を走っているから、
            何を手に入れても、安心も満足もない
    ・死を正視して苦悩の根元を知り、断ち切り、
                  人生の目的が鮮明になる
    ・人生の目的を達成したとき、一切の苦労は報われ、
       流した涙の一滴一滴が、真珠の玉となって戻ってくる


二部 親鸞聖人の言葉

(1)「人類永遠のテーマ」と親鸞聖人
    ・真の宗教の使命――訴えるアインシュタイン

(2) 人生の目的は、
  「苦しみの波の絶えない人生の海を、明るくわたす
   大船に乗り、未来永遠の幸福に生きることである」
    ・人間は、苦しむために生まれてきたのではない

(3) 人生を暗くする元凶は何か――正しい診断が急務
    ・この坂を越えたなら、幸せが待っているのか?
    ・オレは前から、ヤシの下で昼寝をしているさ
    ・人生がよろこびに輝いていたのなら、
       ダイアナ妃の、自殺未遂五回はなぜだった?

(4) 診断――苦悩の根元は「無明の闇」
    ・煩悩と格闘された、若き日の親鸞聖人
    ・法然上人との出会い

(5) 無明の闇とは「死後どうなるか分からない心」
    ・百パーセント墜ちる飛行機に乗るものはいないが、
                 私たちはそんな飛行機に乗っている
    ・「末期ガンです。長くて一カ月」
       その人は、「死後どうなるか」だけが大問題となった
    ・「老後のことは老後になってみにゃわからん。
               つまらんこと」とは、誰も言わない

(6) なぜ無明の闇が 苦悩の根元なのか
    ・「死んだらどうなるか」 何かでごまかさなくては
       生きていけない不安だ。しかし、ごまかしはつづかない
    ・眼前に、人生の目的が、突きつけられる

(7)「王舎城の悲劇」と人生の目的

(8)「まことなるかなや!」人生の目的完成の宣言
    ・ああ! 驚天動地の世界
    ・なんと生きるとは、すばらしいことか!
       「闇」に泣いた者だけに「光」に遇った笑いがあり、
            「沈んで」いた人にのみ「浮かんだ」歓喜がある
    ・苦海の人生に大船あり――知らずは人類の最大不幸

(9) なぜ「人命は地球よりも重い」のか ――
              一貫したメッセージ
    ・「よろこばしきかな」で始まり「よろこばしきかな」で終わる 『教行信証』
    ・響きわたる生命の大歓喜

(10) 人生の目的は「ある」のか「ない」のかで激突
    ・終わりなき道の礼讃?
    ・悔いなき人生への発言

(11)「なぜ生きる」の扉を開くカギ
    ・「一念」と「二種深信」ということ
    ・信じるのは、疑いがあるから

(12) 知っているはずの サッパリわからないもの
    ・もっとも大事な忘れ物――思いあたる、かずかず
    ・その女を求めるのと、汝自身を求めるのと、いずれが大事

(13)?どこにいるのか?本当の私
    ・他人が、私を探しだせるのか
    ・私が、私を探しだせるのか
    ・隠れ家は 心の底の奥の院
    ・「よもすがら 仏の道を求むれば わがこころにぞ たずね入りぬる」

(14) 親鸞聖人と刀葉林地獄――機の深信
    ・愛欲の広海は果てしなく、
       限りなく登り下りをくり返し、苦しみつづける地獄
    ・「昨晩、神サマが私の床に入ってこられたので、
       思わず頭をなぐったが、罰が当たったらどうしよう」

(15)「邪魔者は消せ」心底にうごめく?名利の冷血獣?
    ・若さと美貌に命をかける、美容整形に大金を投じる女性は、
             無人島にいたら、どんなに気楽なことだろうに
    ・「ウソくらべ 死にたがる婆 とめる嫁」
    ・黄金の雨がふっても満足できない
    ・九死に一生を得た兵士は こう告白した。
       「肉体は助かったが、オレの魂は永遠に救われない」と

(16) ゾッとする巨悪の本性
    ・船上の魚がピチピチはねるのも、首を絞められる鶏が
           バタバタもがくのも、死が苦しみであるから
    ・亀を助けた浦島太郎は、肩に魚釣竿をかついでいた。
       それは、何千何万の殺生を平気でやっていたということだ
    ・火事場に向かう途中、鎮火したと聞くとガッカリする

(17) 善いことをすると腹が立つ
    ・わずかなクッキーを隣家にプレゼントしても、
       「ありがとう」の一言がなかったらおもしろくない
    ・偽善者とは「人の為と言って 善をする者」
       しかし、まわりの人のためだとわかっていても、
                      タバコすらやめられない

(18)「地獄は一定すみか」の自己との対面
    ・どんな悪い者だと痛感している人でも、
             自分は百パーセント悪いとは思っていない
    ・レントゲンの前では、美人も、醜女も、富める者も、
       貧しい者も、老少男女の違いもなく、ただ見苦しい骨の連鎖ばかり

(19)「悪人」とは人間の代名詞――「悪人正機」とは
    ・「今年」が終われば、また「今年」
       「今日」が終われば、また「今日」がはじまる
    ・吐いた息が吸えないときから後生である。
                 それは、一分後かもしれない
    ・善人と思っている「善人」を「善人」と言われている

(20) 『歎異鈔』の「往生極楽の道」――法の深信
    ・関東から京都まで歩いて聞きに行ったのは
      「死後のハッキリしない無明の闇を破り?極楽浄土へ必ず往ける?
                   大安心・大満足になる」一つのためだった
    ・友人に貸した大金が返ったとき
      ?彼の誓約は本当だった?と、疑いが晴れる
    ・「弥陀の救いは一度でしょうか、二度でしょうか」
       「この世は、弥勒菩薩と同格(正定聚)に救い摂られ、
       死ぬと同時に弥陀の浄土で、無上のさとり(滅度)
       が得られる。弥陀の救いは二度(二益)ある」
    ・「いつ何がおきるか分からない火宅無常の世界に住む、
       煩悩にまみれた人間のすべてのことは、そらごとであり、
       たわごとであり、まことは一つもない。
       ただ、念仏のみが、まことなのだ」

(21) 先を知る智恵をもって 安心して生き抜きたい
    ・多くのことを知るよりも、もっとも大事なことを知る人こそが智者。
              智者と愚者は、「後世を知るか、否か」で分かれる
    ・未来明るい智者になるには、智慧の太陽に照破されるしかない
    ・浄土へ?往?き、仏に?生?まれることを「往生」という
         のであって、「こまった」とか「死んだ」ことではない
    ・足元の小川が渡れぬ者に、先の大河が渡れるはずはない

(22) 心も言葉も絶えた世界
    ・「不思議だなぁ、どうしてこんな悪性が救い摂られたのか。
          なぜ愉快なのか。恵まれるのか。生かされるのか。
                どれだけ考えてもわからない。……」
    ・「貴いとか賤しいとか、僧侶とか俗人とか、男女、老少、
       罪の軽重、善根の多少など、大信海の拒むものは何もない。
                       完全自由な世界である」
    ・金輪際 幸せとは無縁の者を、無上の幸福にする

(23) 人生の目的完成すれば どう変わる
    ・雲や霧がどんなに天をおおっていても、
       日光で雲霧の下は明るいように、欲や怒り、ねたみの
       煩悩一杯あるがままで、心は浄土に遊んでいるように明るく愉快
    ・欲望のなくなったのが一番の幸せなら、
            石や屍が一番幸福ということになる
    ・シブ柿のシブがそのまま甘味になるように、
       煩悩(苦しみ)一杯が、功徳(幸せ)一杯となる

(24) 『歎異鈔』 と人生の目的
    ・?すべての人を 見捨てられない幸福(摂取不捨の利益)
                  にせずにはおかぬ?弥陀の誓願
    ・念仏を称えたときに救われるのでもなければ、
             称えていれば助かるのでもない。
            ?称えよう?と思いたつ心の、おきたときである
    ・「『念仏申さん』 と思いたつ心」=「他力の信心」
                    他力とは?弥陀より賜ること?
    ・摂取不捨の幸福になるには、老若男女、慈善家、殺人犯、
           頭の良し悪しなどは関係ない。他力の信心ひとつが肝要
    ・悪人が、どうして無上の幸福者になれるのか、
            もっとも罪の重い人を救うための本願だからだ
    ・「こんな私は、救われないのではなかろうか」と悪を恐れるのは、
            ?絶対助からぬ極悪人?と、知らされていないから

(25) 人生の目的は「無碍の一道」
    ・「我に自由を与えよ しからずんば死を!」
                 ――真の自由はいずこに
    ・?雨がやまないように??山がもっとさびしければ?
        ?村がもっと遠ければいい?…。  恨んでいた道の遠さも、
                         今は少しも苦にならない
    ・不自由の中に 自在の自由を満喫する「無碍の一道」

(26) 人生の目的も「みんなちがって みんないい」のか
    ・いつでもどこでも いわれていること
    ・「人生の目的は、法然上人も親鸞もまったく同じ。
       人として生まれてきた目的のことを言っているのだ」
    ・「自力の信心」に、万人共通などあろうはずがない
    ・「自力の信心」と「他力の信心」はまったく異なる
                      ――法然上人の判決

(27)「人生の目的」と「生きる手段」のけじめ
              ――峻別された親鸞聖人
    ・あと一秒しか命のない人に、三秒かかるようでは救えない
    ・「散るときが 浮かぶときなり 蓮の花」
    ・真(なぜ生きる=人生の目的)と
       仮(どう生きる=生きる手段)が明らかになるのは同時

(28) 人生の目的完成してからの 親鸞聖人の生きざま
    ・三十一歳で、肉食妻帯を断行。激しさ、厳しさは、
       言動に顕著にあらわれ、文字はカミソリで書いたように鋭い
    ・越後流刑の原因は何か――知られざる真因
    ・「私が死んだら、賀茂河に捨てて魚に食べさせるがよかろう」
    ・独り生れ 独り死ぬ 独り来て 独り去る
       独りゆかれた 親鸞聖人

 

高森顕徹 著作まとめ HOME